ここではかかとの痛みの原因となる病気、アキレス腱滑液包炎(あきれすけんかつえきほうえん)について詳しく説明しています。

アキレス腱滑液包炎とは、アキレス腱と踵骨が付着している付近にある滑液包に炎症が起こっている状態です。滑液包は袋状で中は滑液で満たされています。これがアキレス腱や踵骨、皮膚の間に存在して摩擦などの刺激を軽減する緩衝材の役割を果たしています。この滑液包が炎症を起こし腫れや痛みを生じるのがこの病気の特徴です。スウェーデンの外科医パトリック・ハグランドの名からハグランド病、またはハグルンド病とも呼ばれています。


sponsored link




アキレス腱滑液包炎の特徴と治療

男性よりも女性に多く見られ、ヒールの高い靴などの長期使用が主な原因と考えられています。症状はかかと付近の顕著な腫れや痛みが見られます。

アキレス腱滑液包炎の治療は、基本的に自然治癒に任せます。痛みや炎症は長くとも1週間程度で治まりますが、原則としてしばらく安静にするのが基本です。痛みが強い場合には、抗炎症薬や鎮痛薬を投与することも検討されます。
また原因の元が靴によるものであれば、靴を自分に合ったものに変更したり、インソールやヒールパッドを使用して患部の負担を軽減することも必要です。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎

⇒ 坐骨神経痛

⇒ かかとが痛い原因

⇒ 症状から見るかかとの痛み

⇒ インソール・ヒールパッド



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link





[当サイトへの問い合わせ]
kakatogaitai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。