ここでは子どものかかとが痛い原因について、詳しく説明しています。

よく見ると片足をひょこひょこしながら歩いているなど、子供の歩き方がおかしいことに気付いて聞いてみると、かかとが痛いからと言うことがあります。実はかかとの痛みを訴える子供は成長期によく見られます。子供に起こるかかとの痛みにはどのようなことが考えられるのでしょうか?


sponsored link




踵骨骨端症(シーバー病)

踵骨骨端症(シーバー病)のページで詳しく説明していますが、この病気は成長期の子供に最も良く見られる病気です。踵骨の先端部分に衝撃や負荷がかかることで、骨膜に炎症を起こしたり微小な骨折を起こす病気で、アメリカの足病外科医のジェームズ・ ウォーレン・シーバーが報告したことからこの名が付きました。

靴や歩き方によるもの

小さい頃から可愛いからとファッション性を重視した靴を履いていると、かかとを痛める原因に繋がります。特に女の子の場合に多く見られ、ヒールの高いものや厚底のブーツ、また靴底が薄く固いものなど、子供のうちから履いていると足の変形が進みやすく、かかとに負担をかけてしまいます。

また靴が合わないことからそれを庇うような歩き方をすることも問題となります。歩き方が悪いと、偏平足やハンマートゥなどの足の変形も起こしやすくなり、体が成熟していない小さい内から慢性的な痛みに悩まされてしまいます。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。


⇒ 踵骨骨端症(シーバー病)

⇒ 足底筋膜炎

⇒ かかとが痛い原因

⇒ 症状から見るかかとの痛み

⇒ インソール・ヒールパッド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link





[当サイトへの問い合わせ]
kakatogaitai21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。